「形式としての動物園」


「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」
「形式としての動物園」

動物園では、動物たちが都合にあわせて行儀よくしているわけではない。
後姿しか見えなかったり、檻の隅にいたりしてうまく見えないが少なくない。
動物たちに期待するイメージと、実際の動物達の姿が一致しない場合が多くある。

しかし動物園には生身の動物を補完する代替品としての看板や案内図やパンフレットがあり、
図鑑的なイメージを期待している人々を落胆させないように努力している。

私達が動物園で眺めているのは動物の実体であるか、見る人の想像が作り出したイメージであるか、
動物園内に設置された看板やポスターのみを被写体として動物園を構成する事でそれについて考察する。