「テクノ画像の読み方」


「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」
「テクノ画像の読み方」

デジタルカメラで撮影した写真を、専用のアプリケーションによって二進数のビットデータ(0と1だけ構成されたデータ)に変換する。
論理的に同一でありながら形式的・視覚的には異なった二つのファイルは、写真というメディウムのコード性について、
未知の視座を展開する契機として機能する。


「人間は、コード化された世界を生み出す。
コード化された世界が人間を<具象的な>体験の世界と結びつけてくれるように、
媒介してくれるようにと願いながら。
人間がそうするのは、そうしなければ自分の生が無意味であるからだ。」
(ヴィレム・フルッサー 「テクノコードの誕生」 村上淳一訳 1997 財団法人東京大学出版社)